アプリによって配信されたクーポンの利用率とは

2019/10/01 コラム

アプリをダウンロードすると、必ずと言ってよいほどオトクになるクーポンが付いています。

また、利用頻度によってはクーポンが付いたメールが配信されたり、
アプリ画面上に新しいクーポンが登場し、これまたオトクに利用できたりといったことができて、
これによって集客率を上げるのが発信する店や会社側の狙いです。

調査結果においては、アプリで配信されたクーポンの利用率はおよそ80%にも上ることがわかっています。

この高い数字は利用者があらかじめ利用頻度の高い店のアプリを、
クーポン目当てにダウンロードしているというのが実情だと考えられます。

単純計算すると、100人にクーポンを配信すると80人が来てくれるという数字は、
集客率を上げたい側としては見逃せません。

ただ、配信する以上は魅力あるクーポンを配信することが、
利用率を下げないためには重要です。