クーポン比較ならアプリ開発.事例が多数ドリームキューブ

2017/12/09
クーポン比較

クーポン比較なら集客アプリ開発や店舗アプリ作成事例が多数あるドリームキューブが店舗アプリを比較するならオススメです。

こんにちは、株式会社エスケイ通信サポートチームです。最近は非常に寒くなり体調を崩しやすい季節になってきましたが、本日もイキヨイをつけて、クーポン比較、店舗アプリ作成などのテーマについて記事を記載したいと思います。

では、本日のテーマのクーポン比較について

クーポン比較という事でクーポンのまずは種類から確認していきましょう。クーポンには『紙のクーポン券』『アプリクーポン券』『ネットクーポン券』の3代クーポンカテゴリーがあります。元々キャンペーンやクーポンなどはそれほど普及していませんでしたが、大手紙面クーポン紙が広告の主力になりにつれて、紙のクーポンは普及してきました。今ではなかなか見かけませんが、当時はハサミでクーポン紙のクーポンを切り抜き、お店に提示している時代がありました。しかし、紛失や面倒な側面やクーポンの以上な程の加熱、普及割合から、

クーポンサイトや共同購入などのインターネットクーポンサイトが登場してきました。今ではなかなか見かけませんが、こちらも当時は凄かった。街中の宣伝やTVCMなどが多数あり、クーポンサイトを見てお店を探す。集客する。のは主軸になり、中にはクーポンサイトがきっかけでトラブルなどが多数生まれるなどの社会問題までもが発生しました。しかし日本にはアメリカのようにそこまで定着せず、現代では大手広告以外はお見受けしなくなりました。そして、クーポンサイトに入れ替わりで、世の中に普及し始めたのが

店舗アプリクーポンです。クーポン比較などをすると分かりますが、LINEなどのコミュニケーションなどがスマホやアプリになり集客方法も変化してきました。大手のアパレルメーカーやチェーン店などを見れば分かりますが、現在サービス業の集客の主軸はスマホ集客アプリやクーポンアプリと言っても過言ではありません。世の中の流れがスマホで解決。となっている現代ではスマホ集客アプリにてクーポンを配布していき、お客様はクーポン比較、店舗比較をアプリで行います。

クーポンをアプリで行う最大のメリットは、紙いらず、プッシュ通知などの店舗側ならアプリを利用しクーポンを配布できる。という事です。クーポンは従来はお客様が調べたり、近くを通過したりなどお客様依存が高い内容でした。しかし店舗アプリクーポンが普及した事で、クーポンをお客様に配布できる。0から1への初動を起こす販促や集客が可能となりました。

クーポンは、割引率を値引きをした以上に年間利用回数が増えるか?口コミなどで新規のお客様がご来店のされるきっかけ作りにならなければ売上は低下します。こちらが多く店舗様が失敗する最大の理由です。

店舗アプリ作成サービスドリームキューブは、開発をする際に個人店舗様がどうしたらクーポンにて成功するか?比較をし開発していますので、クーポン戦略を成功に導きます。特にクーポンをロイヤルカスタマーの常連様だけに全自動で店内いる際にクーポンをプッシュ通知などで配布し、同時にLINEやインスタグラムなどのSNSなどで配布をし、お知り合いやお友達がご来店があったさいは、紹介者様にポイントやクーポンを配布したり紹介先様に同じくクーポンを配布やポイント付与など、口コミを管理販促することができます。口コミはお客様が店舗様を好きになるとおこないますが、特典やクーポンなどがあるなら、やりますよ。と言うクーポンメリットを感じるインセンティブユーザーに対しても口コミの促進が行えるようになり、仕掛ける口コミが可能となるので、非常に売上増加や新規集客に役立ちます。また、年間利用回数に関しても人工知能を利用し、来店感覚や周期、サイクルに合わせて、お客様個別毎にアフターフォローや来店促進をアプリが自動に行いますので、個人店舗様や忙しいスタッフさんの大きな味方になります。

是非、ご興味がありましたらお問い合わせください。